いさま
「伊参スタジオ映画祭」は、”中之条ふるさと塾”を母体に上毛新聞社・中之条町役場、
ボランティアスタッフらが、一から手作りで企画した、小さな山里のとっても小さな映画祭です。


  
2001年、秋に行われた記念すべき第1回伊参スタジオ映画祭では、小栗康平監督、篠原哲雄監督、
女優の真田麻垂美さんをゲストに迎え、紅葉がきれいな秋晴れの中、全国からたくさんのファンの方に
参加して頂きました。ご来場してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

  

「眠る男」「月とキャベツ」を始め、さまざまな映画やTVドラマの舞台として中之条町は、
登場しています。その撮影の拠点となっているのが、次にご紹介する「伊参スタジオ」です。
スタッフのみなさんや、俳優のみなさんが実際に寝泊まりしロケを行った場所が、
そのまま映画祭の会場となります。
スクリーンの中に映し出された風景と、同じ空気を感じて頂けたら幸いです。
 

        

上映会場は、子供の頃がちょっと懐かしい学校の体育館。
申し訳ございませんが、暖房設備は整っておりませんので寒さ対策が必須なのですが、
カラカラと鳴る映写機の音色に耳を傾けながら、映画を観るのもなかなかいいものですよ。 


伊参スタジオ公園

    

「伊参スタジオ(いさまスタジオ)」は、群馬県人口200万人記念として製作された映画「眠る男」の
撮影拠点として使用されました。
中之条町が廃校になっていた旧町立第四中学校を改装し小栗康平監督以下スタッフの皆さんや
俳優のみなさんが、1995年2月から7月まで、寝食をともにして、映画づくりが行われました。
中之条町ではこの映画の完成を記念して、ここで使われたセットや県内各所でロケーションに
使われたセットを移築し、伊参スタジオ公園として公開しています。
校舎内では、「眠る男」の資料の他にも、映画「月とキャベツ」の衣装や、小道具、写真等も
多数展示しています。


入場料は笑顔(無料)です。入り口に、こんな粋な看板を作ったのは、伊参スタジオの
名物管理人であった山田さん。その人柄を慕って、何度も訪れるリピーターも多いとか。
(伊参スタジオ管理人は、2004年4月より嶌村さんが後任として就任されました。)


 .......伊参スタジオmemo.......

〒377−0432
群馬県吾妻郡中之条町大字五反田3527-5

tel:0279-75-7220


(JR吾妻線中之条駅よりバスで約15分/関越自動車道渋川伊香保I.C.より車で約40分)

無休/見学無料/開館時間 AM9:00〜PM4:00
※冬期1月〜3月は積雪等の理由により土・日・祝祭日のみ開館となります。



映像関係者・ロケ撮影隊の皆様へ

伊参スタジオ施設ご利用等に関するお問い合せは、

中之条町役場

伊参スタジオ映画祭実行委員会事務局

Tel:0279−75−8802
Fax:0279−75−6562
 までお願いします。




伊参スタジオ映画祭 キャラクターロゴのご紹介



デザイン担当は、地元、中之条町在住のボランティアスタッフrieさんです。
手書き風の、素朴でぬくもりのあるこのイラストは、第1回伊参スタジオ映画祭に
参加されたお客様にもご好評の声を頂きました。


学校の椅子に座って、映画監督のマネッコ遊びをする少年。
彼の抱く大いなる夢が、いつか、叶うといいですね・・・★


伊参スタジオ映画祭実行委員会 事務局

〒377−0494
群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町1091
中之条町役場内
伊参スタジオ映画祭実行委員会事務局

Tel:0279−75−8802
Fax:0279−75−6562


○公式HP
http://www8.wind.ne.jp/isama-cinema/


○メールアドレス
isama-cinema@mail.wind.ne.jp


HOME

-------Special Thanks
写真提供:kanaiさん・kogureさん

Copyright (C) 2001-2009 伊参スタジオ映画祭