10:00〜10:35


 サンクトペテルブルク国際映画祭公式部門招待作品 


シナリオ大賞2003短編の部 大賞受賞

監督・脚本:杉田 愉



(2004/35mm/33分)


【Staff】
監督・脚本・編集:杉田 愉
プロデューサー:杉田 愉、村山和美
制作:山川智子
制作助手:伊藤貴子
撮影:Tomoko Katase
撮影助手:宮崎雅也、根本健一、根岸浩太
美術:青木万央
衣裳:杉田和美
ヘアメイク:結城 藍
音楽:水野真人
助監督:加越康嗣
撮影補助:上坂祐介、三田直子、木村猛弥
協力:伊参スタジオ映画祭実行委員会、イマジカ、
デジタルイメージ ネクスト、ムーンシネマ、
シナリオ・センター、テンナイン・コミュニケーション、
にいがたロケネット、劇団のあ、他

【Cast】
妻:鰐淵晴子
夫:坂井昌三
少女:品田涼花

【Story】
中庭でヴァイオリン二重奏を奏でている老夫婦。
年齢からくる耳の衰えで演奏を断念した夫と寄
り添う妻の姿を一切の台詞を排除し、映像詩的
に淡々と綴った零度の物語




Satoru Sugita

杉田 愉 (すぎた さとる)

映画監督、脚本家。
1974年10月29日生まれ。新潟県柏崎市出身。
中央大学文学部哲学科卒。

03年第3回伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞短編部門にて
『貝ノ耳』が大賞を受賞。
同年、函館港イルミナシオン映画祭第7回シナリオ大賞にて
『空の私と私の空』が準グランプリ受賞。
初監督作品 『貝ノ耳』は、審査委員長のアンジェイ・ズラウスキー監督から
高評価を得たポーランドでのインターナショナルプレミア上映を皮切りに、
日本人最年少でコンペティション部門にノミネートされたロシアのウラジオストック国際映画祭など現在14ヶ国、35の国際映画祭で特別招待上映される。



【第1回監督作品】 『貝ノ耳』 出演:鰐淵晴子、坂井昌三、品田涼花


62回 ベネチア国際映画祭
(イタリア)

Venice Screening”
部門公式上映

パープルバイオレット国際映画祭
(アメリカ・ニュージャージー州)

グランプリ
 


DV Awards in the Spring 2005
(アメリカ・ユタ州)

グランプリ

アトランタ・アンダーグラウンド映画祭
(アメリカ・ジョージア州)

グランプリ

ヤング国際映画祭
(ポーランド・ヴロツワフ)

最優秀プロデューサー賞

サンセベリア国際映画祭
(アメリカ・オハイオ州)

最優秀サイレントフィルム賞

オクスナード・インディペンデント映画祭
(アメリカ・カリフォルニア州)

最優秀シネマトグラフィー賞

ロチェスター国際映画祭
(アメリカ・ニューヨーク州)

優秀賞

KAWASAKI Digital Short Film Festival 2004
(日本・神奈川)


優秀賞

<オフィシャル部門招待上映>

22回 ボゴタ国際映画祭(コロンビア)

13回 サンクトペテルブルク国際映画祭(ロシア)


第10回 ポートベロー国際映画祭(イギリス)

第9回 ロードアイランド国際映画祭(アメリカ)

8回 ザンジバル国際映画祭(タンザニア)

第5回 モンテレイ国際映画祭(メキシコ)他

 

<コンペティション部門招待上映>

26回 アゾロ国際芸術映画祭(イタリア)

3回 ウラジオストック国際映画祭(ロシア)※写真(
左)掲載

2回 サレント国際映画祭(イタリア)他

【上映国】
日本、ロシア、ポーランド、チェコ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、イギリス、
カナダ、アメリカ、
メキシコ、コロンビア、タンザニア、ナイジェリア





ロシア 

3回ウラジオストック国際映画祭にて












杉田監督と坂井さん

10:35〜10:40 上映終了後 杉田監督舞台挨拶あり

 


10:40〜11:20


シナリオ大賞2003 中編の部 大賞受賞


監督・脚本:岩田ユキ



(2005/miniDV/38分)

【Staff】
監督・脚本:岩田ユキ
プロデューサー:平林 勉
撮影:藤岡大輔
撮影助手:鳥谷部康広、多田正悟
録音:森元智典
録音助手:新津真弓
美術:田口亜有理、小沢和史
美術助手:金子早智子
衣装・ヘアメイク:小野涼子 
記録:渡辺喜子
制作:石田 直、越阪部珠生、小林あい
助監督:松村良洋
編集:岡田久美
編集助手:菊地春佳
音楽:キマタツトム
 終幕歌「新しい事だけを忘れる暮らし」
 作詞・作曲・歌/キマタツトム(ao)
           byフワリフワリ
撮影協力:
中之条町立第一小学校
中之条町立第四小学校
吾妻中央病院
吉田遊技場
快楽宴
山本商店
中屋饅頭店
小池夕丸・小池幸子
関 裕司
金井正紀
協力:
大人計画
ブレス
リクリ
有限会社 アベックス
Panasonic
報映産業
イマジカ
パナソニックDVワークショップスタジオDU
ENBUゼミナール
ニューシネマワークショップ
モンドピクチャーズ
山口 智
小渕 繁
浅川力也
あがべん
たけやま館
澤渡館
まるほん旅館
中之条町教育委員会
中之条役場企画課
金子松いく子
小池みつ江
東野哲史
(株)中央プロセス工芸社
吾妻広域町村圏振興整備組合視聴覚ライブラリー
窪田渡
戸川由幸(空気公団)
バッドニュース
斎木洋介

吾妻弁指導:関 裕司  
企画協力・提供:
伊参スタジオ映画祭実行委員会
群馬県中之条町、上毛新聞社

製作:ハトムネフィルムズ


【Cast】
のんちゃん:金井 皆就
フックン:湯浅 瞬樹
富岡美帆:関 ちぐさ

佐久間(Wメガネ):田村 莉紗   
田口(Wメガネ):阿部 円   
大石:小嶋 達也

5年3組
クユ:桑原 裕
ミイ:劔持 美花
ユータ:木暮 悠太
キホキホ:劔持 李帆
アッチャン:小林 篤志
マミ:中島 真美
ショーユ:小林 将也
ユリカ:平形 友里香
カズヤ:篠原 和也
ミッチョン:本多 美知
リュウ:高橋 龍
マッチ:松岡 夏海
ミヤリョウ:宮崎 遼介
レイナ:湯本 澪奈

蜂谷先生:藤真美穂
教頭先生:冨澤 済
田中先生:田中 博
中島洋子、剱持はつ江、斉藤貴史、
長谷川三和子、剱持澄江

中之条サッカークラブジュニアの皆さん
中之条町立第一小学校吹奏楽部の皆さん
中之条町立第四小学校の皆さん

「ぼくらの給食」教授:野村泰之   
「ぼくらの給食」アシスタント:山中絹子     

フックンの父:石田貞之
のんちゃんの母:猫背 椿


【Story】
半年前に都会から越してきた のんちゃんは 、 ぜんそく持ちで体が弱い。
田舎の元気な少年に憧れるのんちゃんは、同じクラスのサッカー少年フックンに夢中になる。
「僕はフックンみたいな男になりたい」
フックンは、クラスのマドンナ富岡美帆に密かに思い寄せているが、なかなか上手に話し掛けることが出来ない。
そんな中、フックンの家 『1号線だんご』で作った笹餅が、学校給食で食中毒騒ぎを起こしてしまう。
食中毒で倒れたのんちゃんと美帆は入院先の病院で仲良くなるが、フックンは学校でも商店街でも、
追い詰められた立場になっていく。恥をかいてベソかいても続いていく小学5年生の日常。
のんちゃんとフックンの出会いと別れの食中毒青春物語。





Yuki Iwata

1972年生まれ。静岡県出身・東京在住  
高校卒業後、OL(静岡)→専門学生(名古屋)→文具デザイナー
(大阪)を経て上京
フリーで文具キャラクターをデザイン、イラストカットは
「nicola」「KERA」「soup」他に掲載。
2000年より映像制作を開始。



《 映像経歴 》

2000年 イメージフォーラム研究所にて映像を学ぶ
    ○8月 短編 「お別れのあいさつ」製作
         (監督・脚本・美術・編集)
           2000年 調布短編映画祭 入選
         2002年 ショートブレイク大賞グランプリ

2002年 エンブゼミナールにて映像・脚本を学ぶ
    ○6月 短編 「僕はコッソリ泣きました」製作
         (監督・脚本・美術・編集)   
          2002年 仙台ショートピース 市川準監督特別賞
           2002年 盛岡自主映画祭招待作品

    ○8月 短編 「卵黄のきみ」製作 (監督・脚本・美術・編集)
          2002年 プラネット映画祭入選
          2002年 NHK達人ビデオ大賞入賞
          2003年 ショートショートフィルムフェスティバル大阪招待作品
           2003年 みちのくミステリー映画祭 上映
    ○9月 短編 「プールの母」製作 (監督・脚本・編集)

2003年    
    ○3月 短編 「ここからの景」製作 (監督・脚本・編集)
         2003年 PJ映画祭 エンタマニア賞
         2003年 長崎ピースな映画祭 最優秀賞・観客賞
         2003年 長岡アジア映画祭 グランプリ
         2003年 仙台短編映画祭ショートピース!観客賞
         2003年 さっぽろ映画祭 招待作品
         2004年 盛岡自主映画祭招待作品
         2004年 プラネット映画祭入選
                  2004年 ぴあフィルムフェステバル審査員特別賞

    ○4月 PV 空気公団「旅をしませんか」制作

    ○8月 脚本 「少年笹餅」制作
         2003年 伊参映画祭シナリオ大賞 中編の部
         大賞受賞

     ○11月 PV 空気公団「通りは夜だらけ」「窓越しに見えるは」制作

2004年
    〇8月 「少年笹餅」監督
    〇10月 中島哲也プロデュース「ヘアスタイル / おさげの本棚」
         脚本・監督(2005上映)

11:20〜11:25 上映終了後 岩田監督舞台挨拶(予定)

(ゲスト、スケジュールは変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。)

※会場には暖房設備がありませんので、暖かい服装でおこしください。

主催:伊参スタジオ映画祭実行委員会
共催:群馬県中之条町、上毛新聞社


Information伊参スタジオ映画祭とは第1回|第2回第3回第4回第5回 伊参スタジオ映画祭(2005)

中之条町ロケ地探訪掲示板シナリオ大賞Special★Staff roomLINKmailHOME