「埋もれ木」上映後

ゲスト講演あり


Kohei Oguri


1945年群馬県生まれ。早稲田大学第二文学部演劇専修卒。
フリーの助監督として浦山桐郎、篠田正浩監督らにつく。81年『泥の河』
(原作宮本輝)で監督デビュー。

キネマ旬報ベスト・テン第一位、ブルーリボン作品賞、毎日映画コンクール監督賞
など数多くの賞を独占し、海外でもモスクワ映画祭銀賞、米アカデミー賞の
外国語映画部門へもノミネートされた。

84年に李恢成の原作による『伽椰子のために』(製作・劇団ひまわり映画製作事務所)
を発表。在日朝鮮人と日本人少女との愛と別れを慈しみをもって描く。
この作品でフランスのジョルジュ・サドゥール賞を日本人として初受賞。

90年、純文学の極北と称された島尾敏雄の「死の棘」(製作・松竹、松竹第一興行)を
映画化。カンヌ映画祭で“グランプリ・カンヌ1990”と“国際批評家連盟賞”をダブル受賞する。
主演の松坂慶子と岸部一徳にも多くの主演賞をもたらした。

96年の『眠る男』はオリジナル脚本。
群馬県が自治体として映画製作したことでも話題になった。
韓国を代表する俳優、安聖基、インドネシアの国民的女優、クリスティン・ハキム、
役所広司がこの作品で共演した。
モントリオール世界映画祭・審査員特別大賞受賞。

『埋もれ木』は小栗の9年ぶりとなる第五作目の作品である。
極めて寡作ではあるが、静謐で、内省的な独自なスタンスは、デビュー以来、
まったく変わっていない。

著書に「哀切と痛切」「見ること、在ること」(平凡社)、新刊「映画を見る眼」(NHK出版)
6月25日発売。小栗康平監督作品集 DVD-BOX 6月29日発売。

 

 

15:00〜16:35

(2005/35mm/93分)

【Staff】
監督:小栗康平
製作:小栗康平、山本千秋、
佐藤イサク、砂岡不二夫
プロデューサー:佐々木伯、鈴木嘉弘
脚本:小栗康平、佐々木伯
撮影:寺沼範雄
美術:横尾嘉良、竹内公一
編集:小川信夫
照明:豊見山明
録音:矢野正人

【Cast】
夏蓮、浅野忠信、坂田明、登坂紘光、
大久保鷹、田中裕子、坂本スミ子、
岸部一徳、平田満、左時枝、中嶋朋子、
仁科貴、酒向芳ほか

【Story】
舞台は山に近い小さな町。主人公“まち”は高校生である。
多感で、まだ自分の居場所がわからない。
ある日、女友達と短い物語をつくり、それをリレーして遊ぶことを思いつく。
スタートは町のペット屋さんが“らくだ”を買って“らくだ”が町にやって来た、
などという無邪気な夢物語。
RPG(ロール・プレイイング・ゲーム)を楽しむように、彼女たちは次々と、
そして唐突に物語を紡いでいく。
まちたちが語るファンタスティックな物語は、自分が見えないまま
“未来に向かう物語”である。

一方、町に住む大人たちにも物語は存在する。
しかしそれは生きてきたリアリティに裏づけされた自分史で、
いわば“過去の物語”。
この二つの物語は直接には交わらず並列して進んでいくが、
それぞれの中でなにかが合流し始める…。

大雨のあと、町のゲートボール場の崖が崩れて、“埋もれ木”
と呼ばれる古代の樹木が地中から姿を現す。
夢と物語と現実とが少しずつ重なり始め、ファンタジーな世界
が開けていく。
“埋もれ木”とは埋没林ともいわれるもので、火山噴火に
よって立ち木のまま地中に埋もれた古代の森である。
この町の地底に、それが脈々と生き続けていたのだ。

「埋もれ木」公式HPはこちら




 16:35〜17:15 
 小栗康平監督 講演 

17:30〜19:15


群馬県人口200万人記念映画
(1996/35mm/103分)

【Staff】

製作/「眠る男」製作委員会 企画/小寺弘之
監督/小栗康平 脚本/小栗康平 ・ 剣持潔
音楽/細川俊夫 指揮/高関 健
演奏/群馬交響楽団 美術/横尾嘉良
撮影/丸池 納 照明/山川英明
録音/井上宗一 編集/小川信夫
スクリプター/鈴賀慶子 映像効果/アート・デュリンスキー
美術補/竹内公一 装飾/安田彰一
メイク/藤懿裕美子 スチール/綱島 徹
ネガ編集/南 とめ 監督補/佐々木 伯
助監督/武田秀雄 製作統括/中野勘也
日本画/平松礼二 プロデューサー/増澤 空 ・ 藤倉 博
演出助手/今泉光司 ・ 李 潤午 撮影助手/鬼頭信行・近藤 満
       末吉 真・坂口 進
照明助手/渡辺雄二 ・ 白井将成
       舟橋正生 ・ 北岡孝文
       大石政弘 ・ 金井光則
       徳永陽平
ゼネオペレーター/金子 靖
     
録音助手/矢野正人 ・ 石貝 洋
       渡邊真司
美術助手/花谷秀文
大道具/宇津木一郎 ・ 星野正夫
      星野 勝
組付/田中秀典
造園/堀口桜井 装飾助手/日暮大幹・清水 崇
衣装/新井正人 編集助手/矢船陽介
調音エンジニア/大久保昌生 音楽録音/堀 真慈
ヴァイオリン演奏/漆原朝子 ・ 川見優子 ギター演奏/田部井辰雄
オカリナ製作・演奏/松本壽和 キャスティング協力/伊藤与之江
衣装協力/新井淳一 通訳/風間純子 ・ 尹 容順
車輛/飯塚利夫・茂木勘六 製作主任/松岡周作 ・ 鈴木嘉弘
製作進行/斉藤玉恵 製作進行助手/石川北二 ・ 大谷 弘
          新井清美 ・ 天田奈佳
          野沢かほり
製作経理/小栗仁弥

【Cast】

眠る男(拓次)/安聖基 ティア/クリスティン・ハキム
上村/役所広司 キヨジ/今福将雄
フミ/野村昭子 オモニ/八木昌子
ワタル/小日向文世 いんごう爺さん/瀬川哲也
大吾/渡辺 哲 床屋/蟹江敬三
平井/平田 満 チーフ/岸部一徳
蘭/真田麻垂美(新人) リュウ/立川寛明(子役)
京子/藤真利子 民子/左 時枝
姉/高田敏江 中年の姑/小林トシ江
若い嫁/中島ひろ子 たけ/風見章子
郵便局の老人/浜村 純 能/銕仙会 観世暁夫
傳次平/田村高廣
安藤一夫/伊藤富美也/宮崎美奈子/海野洋平/ルビー・カレン
カティージャ・バダミ/梅沢祐一郎
原澤はる/麻田かおり/葉子きよみ
木村常昭/佐藤恭一/小西伸男
一倉 登/中川智洋/滝沢瑞枝
小池英吾/小畑友美/片桐丈弘
鈴木千晶/佐藤康紀/田貝みよ
箕輪 暁/大野 陽

【Story】     
上流に深山を、下流に都市をいだく山あいの川。川に沿うように広がる「一筋町」。
河原には、不意に涌いた温泉「月の湯」がある。
 一人の男が眠り続けている。男は外国を彷徨した後、この町に戻ってきた。
「南米だかどこだか、帰ってきても、山。」と言われたほどの山好きが、山で落ちて意識を失い、
農家の一室で眠り続けている。「眠る男」、拓次である。父キヨジ、母フミがいる。
 町には、自転車預かり所で食堂を営むオモニ、オモニと暮らす少年リュウ、拓次と同級生で
小さな電気屋をいとなむ上村、その妻・京子、娘の高校生・蘭、傳次平と呼ばれる水車小屋の老人、
障害があるが豊かな感性を持っているワタルたちが暮らしている。
町はずれのバイパス沿いには、アジアの女性たちが働くスナック「メナム」がある。
「南の女」ティアがいる。
 上村は、言葉を返すこともできない拓次に語りかけているうちに、深山のブナの森の中にある、
老夫婦がひっそりと暮らしていた山家のことが気になり始める。
 ティアは少しずつ町になじみ、「眠る男」のことを知ってゆく。
 月が満ちては欠け、雨や風が訪れて緑が濃くなるころ、眠る男は息をひきとる。
そうした日々のいとなみの中で、何かが少しずつ変わっていった。
 神社の境内で能が演じられた日、ティアは山に分け入り、深い森で夜を過ごす。
ティアはそこで多くのものを見る。夜が白むころ、やはり山に登っていた上村は、山家で
ティアに出会う。
 山家では、涸れていたはずの井戸から豊かに水が溢れている。ティアはその水で沐浴をし、
上村は山の尾根で霧と雲の彼方に自分の影を見いだしてつぶやく。
「人間って、大きいんかい、小さいんかい」
 ティアたちアジアの女性が町からいなくなった。
「月の湯」が、最近少し熱くなったと人は言う。

 

 

●電車+バスご利用のお客様へ

JR吾妻線 中之条駅から関越交通路線バスで約20分、希望が丘下車

※詳しくは・・・[中之条町公式ホームページ/交通案内]
http://town.nakanojo.gunma.jp/acsess.html

バスの時刻表&JR吾妻線時刻表あります。

JR中之条駅〜伊参スタジオ臨時直通バスのご案内(片道500円)
 

中之条駅発(行き)

伊参スタジオ発(帰り)


 11月26日(土)
 9:30(JR下り9:23着に対応) 19:20(JR上り19:42発に対応)


(ゲスト、スケジュールは変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。)

※会場には暖房設備がありませんので、暖かい服装でおこしください。



主催:伊参スタジオ映画祭実行委員会
共催:群馬県中之条町、上毛新聞社


Information伊参スタジオ映画祭とは第1回|第2回第3回第4回第5回 伊参スタジオ映画祭(2005)

中之条町ロケ地探訪掲示板シナリオ大賞Special★Staff roomLINKmailHOME