赤羽健太郎監督 最新情報
伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2007
短編の部大賞『金糸雀は唄を忘れた』


2013年


NEW


<最新作『橙と群青』完成記念 赤羽健太郎監督 最初で最後の特集上映>

タイムテーブル:

1011日(金)1900Bプロ

1012日(土)16:00Aプロ/19:00Bプロ

1013日(日)16:00Bプロ/19:00Aプロ

1014日(月祝)16:00Aプロ/19:00Bプロ

会場:シアターカフェ(名古屋)

料金:1プログラム1300円、2プログラム2100円(いずれも1ドリンク付)

詳細↓
http://www.theatercafe.jp/schedule/screening/icalrepeat.detail/2013/10/11/714/-/




NEW

○2013年9月21日〜22日開催
”Kisssh-Kissssssh映画祭”自主制作映画コンペティションにて、
赤羽健太郎監督『桜トイレ』がグランプリを受賞しました!

http://kisssh-kissssssh.com/



○<DROP CINEMA FESTIVAL 2013 Spring>にて
赤羽さん脚本担当作品が上映されます。

日時:4月27日(土)〜5月10日(金)連日21:00〜
場所:新宿K'sCinema

赤羽脚本担当作品:
『男と女と百万円と裸の男』(大谷健太郎監督)
@4月27日(土)21:00〜
A5月7日(火)21:00〜

詳細↓
https://enbuzemi.co.jp/drop/2013spring/


○2013年4月14日(日)
中川コロナシネマワールド(名古屋市)
”ファッションとムービーが融合したランウェイイベント”にて
『桜トイレ』上映



○2013年4月13日(土)
『桜トイレ』新宿・経王寺にて上映

小坂本町一丁目映画祭Vol.11
http://kozahon1.jpn.org/ff/11/
『桜トイレ』上映
日時:2013年2月10日(日)10:30〜
会場:豊田産業文化センター
『桜トイレ』上映は17:03〜予定


MOVIE LOVERS 2013 冬
http://www.artcomplex.net/ml/
2013年1月21日(月)〜27日(日)
会場:大阪市立芸術創造館/淀川文化創造館 シアターセブン

1月25日(金)19:00〜Aブロック
『桜トイレ』上映

ENBUゼミナール・ベストセレクション
https://enbuzemi.co.jp/


2013年1月12日(土)〜25日(金)
時間:連日21:15〜
料金:一般・学生1,300円/シニア1,000円
会場:テアトル新宿 
http://www.ttcg.jp/theatre_shinjuku/topics/detail/17605

1月25日『山宿』(赤羽健太郎さん脚本担当/吉田浩太監督)上映


2012年

11月17日(土)
第12回伊参スタジオ映画祭にて
『桜トイレ』上映
http://www8.wind.ne.jp/isama-cinema/isama2012/isama12/top2012.html


17回ながおか映画祭
“第14回長岡インディーズムービーコンペティション”にて
赤羽健太郎監督『桜トイレ』が“グランプリ”を受賞しました!

グランプリ受賞作品『桜トイレ』は
日時:922日(土)13:50
場所:長岡リリックホール

にて、上映が行われます。

※詳細はこちらへ http://www.mynet.ne.jp/~asia/


2012年9月15〜21日開催 
ENBUゼミナール”ドロップ・シネマ・フェスティバル2012秋”にて、
赤羽健太郎さんが脚本を担当された『山宿』(吉田浩太監督)が

上映されます!

『山宿』上映は、下記の2回です。
9月17日(月/祝)21:00〜
9月20日(木)21:00〜
会場は、新宿K'sシネマ
※詳細は下記よりご参照ください。
http://enbuzemi.co.jp/drop/2012autumn/ 

2011年

2011年10月23日(日)14:00〜18:00

【よなご映像フェスティバル2011】にて、
赤羽健太郎監督作 『U(ユー)』 が入選致しました。
上映会場:米子コンベンションセンター大ホール

※詳細は下記サイトよりご参照ください。
http://www.yonago-breath.com/event/index2.html


シナリオ大賞04 中編
  『柳は緑 花は紅』宮本 亮監督
シナリオ大賞05 中編
  『星屑夜曲』外山文治監督
シナリオ大賞06 中編
  『この先百年の孤独』高田徒歩監督
シナリオ大賞06 短編
  『耳をぬぐえば』室岡ヨシミコ監督
シナリオ大賞07 中編
  『求愛』金井純一監督
シナリオ大賞07 短編
   『金糸雀は唄を忘れた』赤羽健太郎監督
シナリオ大賞08 中編
  『ヤング通りの住人たち』石田摩耶子監督 
シナリオ大賞08 短編
   『ひょうたんから粉』上原三由樹監督
最新情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”MOVIE LOVERS FILM FES 2011・夏”にて
『ISM』上映決定!

日時:2011年8月20日(土)21時〜 
会場:シネ・リーブル梅田
http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/
大阪府大阪市北区大淀中1−1−88
梅田スカイビルタワーイースト3F
入場料:1000円
お問い合わせ:大阪芸術創造館 
電話:06−6955−1066

※詳細は下記URLよりご参照ください。
http://www.artcomplex.net/ml/


シナリオ大賞04 中編
  『柳は緑 花は紅』宮本 亮監督
シナリオ大賞05 中編
  『星屑夜曲』外山文治監督
シナリオ大賞06 短編
  『耳をぬぐえば』室岡ヨシミコ監督
□シナリオ大賞07 中編
  『求愛』金井純一監督
□シナリオ大賞07 短編
   『金糸雀は唄を忘れた』赤羽健太郎監督
シナリオ大賞08 中編
  『ヤング通りの住人たち』石田摩耶子監督 
シナリオ大賞08 短編
   『ひょうたんから粉』上原三由樹監督
最新情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011年6月23日〜27日開催の
”第1回映画太郎”にて、『ISM』上映決定!
会場:シネマート六本木(東京)
※詳細は下記サイトよりご参照ください
http://d.hatena.ne.jp/EIGA_TARO/

●『ISM』は、Bプログラムにて、
6月25日(土)、6月27日(月)上映です


2011年5月15日、22日、29日開催の
『LUMIERE』-東北大地震復興支援イベント-にて
赤羽健太郎監督作『金糸雀は唄を忘れた』
が上映されます!

『金糸雀は唄を忘れた』
5月15日(日)18:40〜の「Cプロ」枠での上映

※詳細は下記サイトをご参照ください。
http://www.kineattic.com/lumiere



2010年

2010年11月22日(月)

”第10回伊参スタジオ映画祭”にて

○伊参スタジオ映画祭10周年記念特別作品
『ISM』(オムニバス作品)上映
・・・・・・監督・脚本『作品名』・・・・・・・
宮本 亮『本物の男』、外山文治『幸せまで』、
高田徒歩『バルザック Solitude is fine, but』、室岡ヨシミコ『とまれ の ひみつ』、
金井純一『床の上の二人』、赤羽健太郎『U(ユー)』、
石田摩耶子『夢バトン』、上原三由樹『初キス』

※詳細はこちら



MOVIE LOVERS(大阪)にて上映決定!
会場:大阪市立芸術創造館
 
2010年10月30日(土)
17:40〜『博士の部屋』(赤羽健太郎監督)


※詳細は下記サイトをご参照下さい。
http://www.artcomplex.net/ml/


京都にて上映決定!!
『MOVIE LOVERS アートコンプレックス1928 セレクション』
〜伊参スタジオ映画祭2007&2008受賞作品上映〜

2010年6月19日(土) 14:00〜19:00(終了予定時刻 修正致しました)
会場:京都アートコンプレックス1928
京都市中京区三条通御幸町東南角1928ビル3


料金:一日通し券 前売り:1000円/当日:1500円
(全席自由・出入り自由)
チケットお問い合わせ:アートコンプレックス1928
TEL:075−254−6520

■プログラム
「金糸雀は唄を忘れた」 (赤羽健太郎 監督・脚本)
「求愛」            (金井純一  監督・脚本)
「ひょうたんから粉」    (上原三由樹 監督・脚本)
「ヤング通りの住人たち」 (石田摩耶子 監督・脚本)
※舞台挨拶あり


☆「MOVIE LOVERS 〜映画を愛する全ての人へ〜」



「伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞」ガイダンスと上映会(入場無料)

日時 425日(日)14:00〜18:30(1345開場) 
場所 シナリオ・センター 3階大教室
 (〒107-0016東京都港区北青山3-15-14 電話03-3407-6936 

○第1部 ガイダンスと上映会
14:00 ガイダンス
    ゲスト:福田公雄(伊参スタジオ映画祭実行委員長)
    進行:坂井昌三(シナリオ・センター講師)
15:00 上映会とトーク
 @『金糸雀(かなりや)は唄を忘れた』(33分・赤羽健太郎監督・シナリオ)
 A『ひょうたんから粉』(36分・上原三由樹監督・シナリオ)
    赤羽・上原両監督によるトークタイム
※詳細はこちらをご参照ください。

○第2部 ショートフイルムを見ながらシナリオ談義
17:00『ホテル・ウラジオストック』(35分・字幕無し)他
  (各国7人の監督と5人の俳優による国際オムバス映画・出演:坂井昌三)     

○第3部 懇談パーテイ(@2000(飲み物別) 申し込みは当日2515時まで
18:45〜21:00  カフェ「ラ・ボエーム」(東京都港区北青山3-6-25 電話03-5766-1666)     

○問い合わせ 坂井昌三 shozo_sakai@ybb.ne.jp (080-5860-4058)




2009年

2009年11月21日(土)
第9回伊参スタジオ映画祭にて
「金糸雀は唄を忘れた」上映


第7回『GUNMA映画』サポート上映会
KOSフィルムパーティー2009にて「金糸雀は唄を忘れた」上映

日程:2009年11月8日(日)
会場:旧・前橋テアトル西友
入場:無料
※詳細は下記URLよりご参照下さい。
http://kos_project.at.infoseek.co.jp



2009年10月23日〜25日開催 
【下北沢西口ジョウ映会vol.2】にて、
赤羽健太郎監督作「金糸雀は唄を忘れた」上映


−博士の部屋の世界展−
日程:2009年8月28日(金)・29日(土)・30日(日)
会場:下北沢・ギャラリィトウキョウジョウ
展示・原作:ナカムラヒトミ
映画上映『博士の部屋』 監督・脚本:赤羽健太郎
<同時上映>
『金糸雀(かなりや)は唄を忘れた』(赤羽健太郎監督作品)
『しましまちゃん』(伊羅子政代監督作品)

詳細は、赤羽監督公式ブログをご参照下さい。

http://bienneko.exblog.jp/10814345/


2008年

第8回伊参スタジオ映画祭 にて 「金糸雀は唄を忘れた」初公開

伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2007短編の部大賞
「金糸雀(かなりや)は唄を忘れた」
監督・脚本:赤羽健太郎      


(2008/DV/33分)

【あらすじ】
共通の死に場所を目指して旅をする若い女と年老いた男。
ふたりは上っ面の反発と理解を繰り返しながらも、
約束の地「賓(まろうど)の滝」を目指す。
生死の公界でさまよう者たちの、凡庸で切実で
滑稽で哀れな旅路の顛末。
【スタッフ】
監督・脚本・美術:赤羽健太郎
プロデューサー・制作:牛尾倫之
撮影監督:古屋幸一
助監督:福井琢也/北田弥恵子
監督助手:国谷陽介
撮影助手:佐藤遊
照明:山口峰寛/川上聖子
録音:宋晋瑞
制作応援:浅井有希/高橋明日香/山本尚美
/溝田哲也/鳥山恵
ステディカム応援:金子雪生/田口健市
ヘアメイク:入倉純子(B★side)
衣装担当:栗原伸子(B★side)
女将着付指導:松井みゆき/小栗知江子
合宿担当:岩重恭子/加藤由美子/山田香弥子/
福嶋みよ子/小栗知江子/武藤美枝子
スチール:藤啓介
音楽:海沼武史/床絵美
劇中アニメーション制作:ニブンノイチケイカク
【キャスト】
嫩(ふたば):倉林絵理
鴇田(ときた):近澤可也
旅館の女将:山田香弥子
兄妹・兄:谷津郁騎
兄妹・妹:長谷川みのり
ウポポを唄う女性:床絵美
赤羽健太郎 監督プロフィール

1977年長野県松本市出身。八王子市在住。
大学卒業後、就職と同時にシナリオ・センターに入科。
数年間所属の後、休学。
2005年、会社を退社後フリーターとなり、
脚本家見習いとして執筆活動継続。
2007年、脚本『金糸雀は唄を忘れた』で
伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞・短編の部大賞を受賞。
2008年、自主制作映画『博士の部屋』(監督・脚本)公開。
伊参へは4回目の挑戦で大賞を獲得。継続は力づく。

どうせなら現代日本でなく500年前のアイヌコタンに生まれたかった。
何かと生きづらい世の中ですが、人を苦しめるのが人なら、
人を救うのも人なのだと、映画作りを通して実感しています。



赤羽健太郎監督個人サイト
映画『金糸雀(かなりや)は唄を忘れた』


公式ブログ
【金糸雀が唄を思い出すまでの日記】

2007年

2007年11月18日 第7回伊参スタジオ映画祭

シナリオ大賞2007にて、

赤羽健太郎さんの「金糸雀は唄を忘れた」が、短編の部大賞を受賞しました。