谷口雄一郎監督 最新情報
伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2009
短編の部大賞『純子はご機嫌ななめ』


谷口雄一郎監督
公式ブログ

ご機嫌ななめはまっすぐに!

リンクはこちら

2013年

○2013年9月13日〜16日開催の
【第6回したまちコメディ映画祭in台東】
http://www.shitacome.jp/2013/index.shtml
〜短編コンペティション したまちコメディ大賞2013〜
に、谷口雄一郎監督『ゆびわのひみつ』が
入選しました。


○2013年9月11日〜16日開催の
【第8回 札幌国際短編映画祭】
http://sapporoshortfest.jp/
にて、谷口雄一郎監督『ゆびわのひみつ』が
〜SSF2013 オフィシャルセレクション ナショナル・プログラム B〜
ノミネートされました。

NEW 
☆第8回札幌国際短編映画祭・国内作品部門にて
『ゆびわのひみつ』が最優秀賞を受賞しました。


2013年8月30日〜9月10日開催の
【福岡インディペンデント映画祭2013】
http://www.fidff.com/
FIDFF2013コンペティションにて
谷口雄一郎監督『
ゆびわのひみつ』が
20分ムービー部門グランプリと、
主演女優賞(結さん)を受賞しました!


2012年

谷口雄一郎監督 『純子はご機嫌ななめ』

2012.4.14 ”ひろしま映像展2012”  

にて、”グランプリ&演技賞” をW受賞しました!


2011年

”函館港イルミナシオン映画祭2011”
http://hakodate-illumina.com/

2011.12.4(日)
篠原哲雄プログラムにて
篠原哲雄監督『柔らかい土』、『深夜裁判』
谷口雄一郎監督『純子はご機嫌ななめ』
澤田サンダー監督『惑星のささやき』
上映決定!


2011年11月25日(金)
”2011 メイド・イン・プサン独立映画祭”
The 13th Independent Film Festival MADE IN BUSAN <Indi Busan FF>にて、
谷口雄一郎監督『純子はご機嫌ななめ』上映決定!

※詳細は下記サイトをご参照ください。
http://www.ifmib.org/


2011年11月20日(日)
”さぬき映画祭2011”にて
伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2009
短編の部『純子はご機嫌ななめ』谷口雄一郎監督
上映決定!

※詳細は下記サイトをご参照ください。
http://www.sanukieigasai.com/


2011年11月20日(日)
第11回伊参スタジオ映画祭にて
『純子はご機嫌ななめ』アンコール上映
※上映後、谷口雄一郎監督 舞台挨拶あり


2011年10月5日〜10日 開催の
”第6回 札幌国際短編映画祭”
SAPPORO Short FEST 2011
「アウト・オブ・コンペ」部門に
谷口雄一郎監督『純子はご機嫌ななめ』
が選出されました。
※詳細は下記URLよりご参照ください。
http://sapporoshortfest.jp/



第16回長岡アジア映画祭
”第13回長岡インディーズムービーコンペティション”
にて、谷口雄一郎監督が【監督賞】を受賞致しました

谷口雄一郎監督作 『純子はご機嫌ななめ』の上映は
2011年9月17日(土)です。

※詳細は下記サイトよりご参照ください。
http://www.mynet.ne.jp/~asia/

2011年8月20日(土)
MOVIE LOVERS FILM FES 2011・夏”にて
谷口雄一郎監督 『純子はご機嫌ななめ』上映!

会場:シネ・リーブル梅田(大阪)

※詳細は下記URLよりご参照ください。
http://www.artcomplex.net/ml/


谷口雄一郎監督 『純子はご機嫌ななめ』
”福岡インディペンデント映画祭2011”
FIDFF2011 Competition AWARDS
40分ムービー部門にてグランプリを受賞しました!
※詳細は下記URLよりご参照ください。
http://www.fidff.com/


2011年5月15日、22日、29日開催の
『LUMIERE』-東北大地震復興支援イベント-にて
谷口雄一郎監督作『純子はご機嫌ななめ』
が上映されます!

『純子はご機嫌ななめ』
5月22日(日)16:00〜の「Eプロ」枠での上映

※詳細は下記サイトをご参照ください。
http://www.kineattic.com/lumiere


2010年

2010年11月21日(日)第10回伊参スタジオ映画祭にて、
谷口雄一郎監督作「純子はご機嫌ななめ」初公開

伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2009 短編の部大賞受賞
『純子はご機嫌ななめ』谷口雄一郎監督
 


中之条メーンロケ作品 (2010年、BD、23分40秒)
 


岩崎純子はおしゃれが大好きでおませな小学四年生の女の子。

終業式の日、彼女は憧れの男の子、村川努とお祭りデートの約束をとりつける。

しかし、努が出した条件は「カリスマモデル並の格好をしてくること」だった。

 放課後、たまり場の古本屋「万年堂古書店」にて幼なじみの奈美と

ファッション誌でカリスマモデルが着たワンピースを見るも、高くて手が出せない。

そんな失意の中、純子は母親の澄子との買い物の途中、洋品店で、

ファッション誌に載っていたワンピースが破格の値段で売られているの発見する…


スタッフ キャスト 


制作:Liner Notes
監督、脚本、製作:谷口 雄一郎
撮影:岩永洋
録音:宋晋瑞
編集:ラインプロデューサー 阿部史嗣
MA:阿部大輔
音楽:松本あすか
助監督:白石真弓
衣装:平林純子(Bside)
メイク:関谷美世(Bside)
制作主任:外山文治
撮影助手:野々下将 濱井江 星野仁志
演出助手:森田博之
衣装助手:則次美雪
制作進行:森口真人
スチール:内堀義之
小道具作成協力:田中浩二、山内亮
劇中漫画:あめ

 
 岩崎純子:千明姫瑠
 岸奈美 :油井麻衣奈
 藤本秀夫:黒田藍千
 村川努:鹿野脩太
 
 岩崎政則:日下部千太郎
 岩崎澄子:比佐廉
 
 林田郷平:中町幸聖
 
 広瀬友治:飯塚大樹
 高田清志:中川一
 藤井渡:齋藤大和
 
 亀谷敏和:斧アツシ
 
 劇中雑誌モデル:小出ミカ

 

 
谷口雄一郎監督プロフィール
谷口雄一郎(たにぐち・ゆういちろう)
1980年愛知県春日井市生まれ。名城大学法学部法学科卒業。
バンド活動ばかりの青春を送るも、大学在学中に観た
映画をきっかけに、映画業界を志す。
大学卒業後一年程のサラリーマン生活の後、日本映画学校へ入学。
『地雷を踏んだらサヨウナラ』等の脚本家、丸内敏春氏や、
サトウトシキ監督に師事。
実習でたずさわったのをきっかけに映画録音の道へ。
在学中に録音技師、久保田幸雄氏に師事。
フリーの録音助手として映画製作の現場へ赴く。
日本映画学校卒業後、映像関連の会社に入社。
音声関連の仕事に従事。仕事と並行し、学生時代から
行っていたシナリオ執筆を本格的に再開。
伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2009において
短編部門大賞を受賞。今作が初監督。


2009年

2009年11月22日

第9回伊参スタジオ映画祭 シナリオ大賞2009にて、

谷口雄一郎さんの「純子はご機嫌ななめ」が、短編の部大賞を受賞しました。


 Copyright(C) 2001-2011 伊参スタジオ映画祭実行委員会