トップページ
| 縁切寺満徳寺 | 資料館・遺跡公園 | 縁切・縁結厠交通アクセス企画展 | 新着情報 リンク





  ●これまでに当館で開催した、企画展・特別展・徳川大学などのイベント一覧です 

◆三くだり半企画展
期   日 事   業   名
1995年(平成7) 4月29日〜 1回縁切寺満徳寺本堂復元1周年記念 「女の書いた三くだり半」
1995年(平成7) 9月23日〜 2回縁切寺満徳寺資料館開館三周年記念 「一行半から十四行半まで−三くだり半の行数−」 
1996年(平成7) 4月27日〜 3回「勝手につきの三くだり半−三くだり半の離婚理由−」 
1996年(平成8) 10月 5日〜 4回「東北の三くだり半−三くだり半の地域性T−」
1997年(平成9) 4月26日 〜 5回「三くだり半のはんこ」
1998年(平成10) 4月25日〜 6回「武士の三くだり半-その夫婦像−」
1998年(平成10)10月10日〜 7回「三くだり半の受領書-離縁状返り一札−」
1999年(平成11) 4月29日〜 8回「明治の三くだり半-上田四郎コレクションを中心に−」
1999年(平成11)10月10日〜 9回「三くだり半の呼び名-離縁状の表題−」
2000年(平成12) 10月6日〜 11回「京阪の三くだり半−三くだり半の地域性U−」 
2000年(平成12) 4月29日〜 10回「縁切寺の三くだり半−鎌倉東慶寺を中心に−」
2001年(平成13) 9月29日〜 12回「切られた三くだり半 付各地の縁切り絵馬」
2002年(平成14) 9月28日〜 13回「満徳寺離縁状」
2003年(平成15) 4月26日〜 14回「女からの三くだり半」
2003年(平成15) 9月27日〜 15回「別れなかった夫婦T 帰縁証文・詫びる妻たち」
2004年(平成16) 5月 1日〜 16回「むこ養子の離縁状」
2004年(平成16)10月 1日〜 17回「先渡し離縁状」別れなかった夫婦U 詫びる夫たち」
2005年(平成17) 9月16日〜 18回「三くだり半No.1」
2006年(平成18) 9月29日〜 19回「飯盛女の三くだり半」
2007年(平成19) 9月28日〜 20回「武士の三くだり半U 御家人の離婚と離縁状」
2008年(平成20) 9月26日〜 21回「三くだり半 いつからいつまで」
2009年(平成21) 4月25日〜 22回「三くだり半の仲人」
2009年(平成21) 9月26日〜 23回「三くだり半の書式」
2010年(平成22) 9月23日〜 24回「執心切れ一札」
2011年(平成23) 4月23日〜 25回「三くだり半の慰謝料T」
2011年(平成23) 9月23日〜 26回「館所蔵の三くだり半」
2013年(平成25) 3月16日〜  27回「三くだり半の慰謝料U」
2014年(平成26) 3月21日〜  28回「三くだり半の慰謝料V」
2015年(平成27) 10月24日〜 29回「明治の三くだり半U-離縁状はいつまでもちいられたか-」
2016年(平成28)10月22日〜 第30回「三くだり半の内容T―本文後半・再婚許可文言をめぐって―」

◆企画展・特別展
1993年(平成5)10月 7日〜 開館一周年記念展「東慶寺天秀尼展」
1994年(平成6)10月 8日〜 秋の特別展「近代の縁切寺−縁切寺法の終焉とその後−」
1994年(平成6) 4月29日〜 春の特別展「漱石と縁切寺東慶寺」
1997年(平成9) 9月13日〜 千姫生誕400年記念「千姫展」
2000年(平成12) 1月26日〜 小企画展「尾島町にある「葵」の御紋展」
2001年(平成13) 1月31日〜 小企画パネル展「北条時宗夫人・東慶寺開山覚山尼展」
2001年(平成13) 4月25日〜 1回「収蔵資料展」
2002年(平成14) 4月27日〜 開館10周年企画展「女往来物の世界ー女筆手本を中心に」
2006年(平成18) 4月29日〜 新太田市誕生一周年記念特別展「女大学の世界」
2007年(平成19) 4月28日〜 国際博物館の日記念特別展「寺子屋の世界」
2008年(平成20) 4月26日〜 特別展「江戸の子育て」
2010年(平成22) 4月24日〜 特別展「江戸の子育て 第2回」
2013年(平成25)11月 9日〜 特別展「百人一首の世界」
2014年(平成26)10月11日〜 特別展「『親父の小言』と親心」
2015年(平成27) 7月 6日〜 特別展「江戸の道徳教育−寺子屋と徳育−」
2016年(平成28) 7月16日〜 特別展「江戸の道徳教育U−地域社会と人づくり−」
2017年(平成29) 6月24日〜 特別展「礼法書に見る江戸の躾方−礼節社会の誕生を探る−」

◆徳川大学公開講座
1993年(平成 5) 6月12日 「日本の歴史をよみなおす1」網野善彦氏(神奈川大学短大部教授)
1993年(平成 5) 6月25日 「女と男がともに生きるために」佐藤洋子氏(元新聞記者)
1993年(平成 5)10月 9日 「東慶寺と天秀尼」井上禅定氏(東慶寺前住職)
1993年(平成 5)11月20日 「江戸の女」杉浦日向子氏(江戸風俗研究家)
1993年(平成 5)12月19日 「徳川氏の系図について」辻達也氏(専修大学教授)
1994年(平成 6)10月21日 「家康の結婚政策」楠戸義昭氏(毎日新聞編集委員)
1994年(平成 6)11月12日 「日本の歴史を読よみなおす2」網野善彦氏(神奈川大学短大部教授)
1994年(平成 6) 5月21日 「漱石と縁切寺東慶寺」井上禅定氏(東慶寺前住職)
1994年(平成 6) 6月21日 「史実と小説」平岩弓枝氏(作家)
1994年(平成 6) 9月30日 「江戸へようこそ」杉浦日向子氏(江戸風俗研究家)
1995年(平成 7) 5月20日 「歴史文化遺産と環境」竹内謙氏(鎌倉市長)・「松が岡いまむかし」井上禅定氏(東慶寺前住職)
1995年(平成 7) 6月17日 「女性の名前と居場所」星野澄子氏(神奈川大学短大部講師)
1995年(平成 7) 7月15日 「詩のなかの女と男」麻生圭子氏(エッセイスト)
1995年(平成 7) 8月26日 「徳川御三家の話」林薫一氏(愛知学院大学教授)
1995年(平成 7)10月17日 「近代日本の下半身」上野千鶴子氏(東京大学教授)
1995年(平成 7)11月25日 「江戸へようこそ1」杉浦日向子氏(江戸風俗研究家)
1996年(平成 8) 6月 8日 「江戸へようこそ2」杉浦日向子氏(江戸風俗研究家)
1996年(平成 8) 7月 6日 「歴史を学ぶということ1」阿部謹也氏(一橋大学学長)
1996年(平成 8) 7月13日 「江戸の着物文化」田中優子氏(法政大学教授)
1996年(平成 8)10月29日 「私の選んだ女優の道」市原悦子氏(女優)
1996年(平成 8)11月16日 「新田荘と天神信仰」峰岸純夫氏(中央大学教授)
1997年(平成 9) 5月31日 「女性が変わる世界をかえる」富岡恵美子氏(弁護士)
1997年(平成 9) 6月21日 「猫絵の殿様」落合延孝氏(群馬大学教授)
1997年(平成 9) 7月12日 「元禄の群像」竹内誠氏(東京学芸大学教授)
1997年(平成 9) 9月13日 「千姫と秀頼」井上和代氏(秀頼研究家)
1997年(平成 9)10月31日 「歴史を学ぶということ2」阿部謹也氏(一橋大学学長)
1998年(平成10) 5月23日 「江戸の繁盛しぐさ」越川禮子氏(江戸しぐさ研究家)
1998年(平成10) 7月11日 「日本女性史の出発」栗原弘・栗原葉子氏(高群逸枝研究家)
1998年(平成10) 9月12日 「上州を旅した女たち」柴桂子氏(近世史研究家)
1998年(平成10)10月15日 「いさましい“おんな”たち」神坂次郎氏(作家)
1999年(平成11) 6月 5日 「嫁姑から家族を考える」樋口恵子氏(評論家)
1999年(平成11)10月16日 「尾張徳川家と名宝」徳川義宣氏(徳川美術館館長)
2000年(平成12) 5月27日 「親類・縁者の歴史」鎌田浩氏(専修大学教授)
2000年(平成12)11月18日 「家康の源氏改姓と征夷大将軍」笠谷和比古氏(日文研教授)
2001年(平成13) 6月 2日 「21世紀の家族の姿」山田昌弘氏(東京学芸大学助教授)
2001年(平成13)10月 6日 「徳川時代の家族」落合恵美子氏(国際日本文化研究センター教授)
2002年(平成14) 6月13日 「雅楽の夕べ」豊山雅楽会
2002年(平成14)11月 6日 「いい夫婦になるヒント」池内ひろ美氏(東京家族ラボ主宰)
2003年(平成15) 6月18日 「徳川家康」小和田哲男氏(静岡大学教授)
2003年(平成15)10月16日 「小説にあらわた徳川家康」縄田一男氏(評論家)
2004年(平成16) 5月29日 「江戸人の怪異をめぐる想像力」小松和彦(国際日本文化研究センター教授)
2004年(平成16)11月 7日 「江戸時代はなぜ長く続いたか」石川英輔氏(作家)
2004年(平成16)11月23日 「浮き世風呂の女と男」青木美智男氏(専修大学教授)
2005年(平成17)11月19日 「江戸の元気」平岩弓枝氏(作家)
2006年(平成18) 5月14日 「女大学の世界」小泉吉永氏(法政大学講師)
2006年(平成18)10月29日 「母として研究者として」森田登代子氏(大阪樟蔭女子大学講師)
2007年(平成19) 5月13日 「寺子屋の世界」小泉吉永氏(法政大学講師)
2007年(平成19)11月18日 「いきで素敵な江戸しぐさ」越川禮子氏(江戸しぐさ語りべの会主宰)
2008年(平成20) 5月11日 「江戸の子育て」小泉吉永氏(法政大学講師)
2008年(平成20) 6月 1日 「世界に二つの縁切寺」木侃(縁切寺満徳寺資料館長)
2008年(平成20)10月 5日 「世界に二つの縁切寺U」木侃(縁切寺満徳寺資料館長)
2008年(平成20)10月19日 「お墓とお葬式の話」森謙二氏(茨城キリスト教大学教授)
2009年(平成21)11月14日 「文化人・井伊直弼と埋木舎」大久保治男氏(前苫小牧駒澤大学学長・5代目埋木舎当主)
2009年(平成21) 4月29日 「世界に二つの縁切寺V」木侃(縁切寺満徳寺資料館長)
2009年(平成21) 5月17日 「武士の家計簿に見る幕末維新の侍たち」磯田道史氏(茨城大学准教授)
2009年(平成21) 9月27日 「往来物の中の用文章の位置」小泉吉永氏(法政大学講師)「用文章にみられる三くだり半の書式」木侃(縁切寺満徳寺資料館長)
2010年(平成22) 5月 9日 「日本の父道と胎教論」小泉吉永氏(法政大学講師)
2010年(平成22) 6月 5日 「網野善彦・人と学問」山本幸司氏(静岡文化芸術大学副学長)
2010年(平成22)10月 3日 「執心切れ一札について」木侃(縁切寺満徳寺資料館長)
2010年(平成22)11月20日 「徳川将軍の妻たち」山本博文氏(東京大学大学院教授)
2011年(平成23)10月16日 「家族のなかでの共同参画」金城清子氏(前龍谷大学法科大学教授)
2011年(平成23) 5月15日 「三くだり半の離縁状について」木侃(縁切寺満徳寺資料館長)
2011年(平成23) 6月 5日 「日本の女性天皇」荒木敏夫氏(専修大学教授)
2013年(平成25) 3月23日 「三くだり半と女性の地位」木侃(縁切寺満徳寺資料館名誉館長)
2013年(平成25)11月30日  「江戸の刑罰T」高塩博氏(國學院大學法学部教授)
2013年(平成25)12月 7日  「江戸の刑罰U」木侃(縁切寺満徳寺資料館名誉館長)
2013年(平成25)12月15日 「百人一首の世界」小泉吉永氏(法政大学講師)
2014年(平成26) 1月11日  「井上ひさし作『東慶寺花だより』を読む」木侃(縁切寺満徳寺資料館名誉館長)
2014年(平成26) 4月13日  「三くだり半の慰謝料」木侃(縁切寺満徳寺資料館名誉館長)
2014年(平成26) 11月23日 「『親父の小言』と親心」小泉吉永氏(法政大学講師)
2015年(平成27) 6月28日  「井上ひさし作『東慶寺花だより』を読むU−話題の映画にふれて−」木侃(縁切寺満徳寺資料館名誉館長)
2015年(平成27) 8月 1日 「江戸の道徳教育−寺子屋と徳育−」小泉吉永氏(法政大学講師)
2015年(平成27) 11月 8日 「離縁状はいつまでもちいられたか」木侃(縁切寺満徳寺資料館名誉館長)
2016年(平成28) 6月26日 「縁切寺川柳をたのしむ」木侃(縁切寺満徳寺資料館名誉館長)
2016年(平成28) 7月17日 「江戸の人づくり−地域社会の教育ネットワー」小泉吉永氏(法政大学講師)
2016年(平成28) 10月30日 「本文後半・再婚許可文言をめぐって」木侃(縁切寺満徳寺資料館名誉館長)

◆徳川大学伝統文化講座
1997年(平成 9) 10月 3日 「琵琶」錦心流中谷派荒井姿水氏
1998年(平成10) 11月 6日 「琵琶」荒井姿水氏・賛助出演「中国三弦」費堅蓉氏
1999年(平成11) 10月29日 「琵琶」荒井姿水氏・賛助出演「地歌舞」古澤侑峰氏
2000年(平成12) 11月 9日 「琵琶」荒井姿水氏・賛助出演「ギター」斎藤敏雄氏
2001年(平成13) 11月 9日 「琵琶」荒井姿水氏・荒井靖水氏・二十五絃筝荒井美帆氏
2002年(平成14) 9月26日 「「琵琶」荒井姿水氏・ケーナ中村美子氏・ピアノ水野玲子氏
2003年(平成15)11月 7日 「琵琶」荒井姿水氏・尺八吉岡龍見氏
2004年(平成16)11月11日 「琵琶」荒井姿水氏・長唄吉住小茂枝・吉住小三友氏
2005年(平成17)10月21日 「琵琶」荒井姿水氏・中国三弦費堅蓉氏
2006年(平成18)11月16日  「琵琶」荒井姿水氏・箏仲林光子氏・みさと笛仲林利恵氏
2007年(平成19)10月25日   「箏」仲林光子氏・みさと笛仲林利恵氏・箏畠山千恵子氏・打楽器吉口克彰氏
2007年(平成19)11月15日 「琵琶」荒井姿水氏・尺八吉岡龍見氏
2008年(平成20)11月 6日 「琵琶」荒井姿水氏・箏仲林光子氏ほか
2009年(平成21)10月25日 「琵琶」荒井姿水氏・箏仲林光子氏・みさと笛仲林利恵氏
2010年(平成22)10月24日 「琵琶」荒井姿水氏・ケーナ中村美子氏
2010年(平成22) 6月25日 「地唄」西松布咏氏
2011年(平成23)11月11日 「地唄」西松布咏氏・地唄舞華生園氏
2011年(平成23) 5月22日 「琵琶」仲林光子氏・みさと笛仲林利恵氏
2013年(平成25)11月 4日 「琵琶」仲林光子氏・篠笛能管仲林利恵氏
2015年(平成27)10月 2日 「琵琶」仲林光子氏・篠笛能管仲林利恵氏
2016年(平成28)10月14日 「琵琶・筝」仲林光子氏・「篠笛」仲林利恵氏
「語り」すなが寿々女

◆徳川大学大衆文化講座
1998年(平成10) 6月16日 「落語(親子会)」柳家権太楼・三太楼師匠
1999年(平成11) 5月13日 「落語」古今亭志ん上・古今亭志ん馬師匠
2000年(平成12) 5月18日 「落語」柳亭市馬・柳家花禄師匠
2001年(平成13) 5月17日 「落語」橘家円太郎・柳家小菊・林家久蔵師匠
2002年(平成14) 5月 9日 「落語」柳家喜多八・入船亭扇遊師匠
2003年(平成15) 5月30日 「講談」神田松鯉・神田山陽先生
2004年(平成16) 5月14日 「落語」立川談四楼・立川笑志師匠
2005年(平成17) 9月28日 「落語」柳家はん治・柳亭市馬師匠
2006年(平成18) 6月 8日   「落語」古今亭駿菊・古今亭菊之丞師匠
2007年(平成19) 6月14日   「御囃子と落語」御囃子:小口けい社中 落語:桃月庵白酒・古今亭菊可師匠
2008年(平成20) 5月22日 「落語」柳亭市馬・柳亭市朗師匠
2008年(平成20)11月29日 「落語」柳家はん治・柳家喬太郎師匠
2009年(平成21) 5月29日 「落語」柳亭市馬・柳亭市丸師匠
2009年(平成21)11月28日 「落語と講談」柳家はん治師匠・宝井琴調先生
2010年(平成22) 5月20日 「いろもの」柳家紫文師匠・伊藤夢葉師匠・東京ガールズ・中津川弦
2011年(平成23)10月30日 「落語」柳家権太楼・柳家おじさん師匠
2014年(平成26) 3月22日  「落語」柳家はん治師匠・柳家小はぜさん・のだゆきさん
2014年(平成26)11月15日  「講談」神田松鯉先生・神田蘭さん
2015年(平成27)10月 3日 「落語と講談」柳家はん治師匠・宝井琴調先生・柳家小はぜさん
2016年(平成28)10月15日 「落語」柳家小はぜさん、柳家はん治師匠、東京ガールズ

◆特別講座・イベント等
1992年(平成4) 10月26日 縁切寺東慶寺宝蔵(資料館)との友好姉妹館提携の調印式
1992年(平成4) 10月27日 シンポジウム「女性の自立−過去・現在・未来−」永井路子氏(作家)
1992年(平成4) 10月27日 縁切寺満徳寺資料館開館
1994年(平成6) 6月21日 縁切寺満徳寺本堂復元完成
1995年(平成7) 8月5・6日 「女性史セミナー」
1997年(平成9) 11月18日 縁切寺満徳寺資料館 入館者10万人突破
1998年(平成10) 1月15日 東慶寺名宝コーナー「盤珪禅師の墨跡」展示
1999年(平成11) 1月 6日 東慶寺名宝コーナー「狩野探幽筆『束帯天神像』」展示
2002年(平成14) 2月17日 縁切寺満徳寺資料館 入館者15万人突破
2002年(平成14)10月26日 資料館開館10周年比較家族史学会開催
2007年(平成19) 1月25日 縁切寺満徳寺資料館 入館者20万人突破
2009年(平成21)12月15日 「わが国初 妻が書いた離縁状」特別展示
2010年(平成22) 6月20日〜 テーマ展示コーナー
「三くだり半この一点『代筆された離縁状』」
2012年(平成24) 2月10日〜 テーマ展示コーナー
「三くだり半この一点『庶民がもちいた花押型の三くだり半』」
2013年(平成25) 5月16日〜 テーマ展示コーナー
「三くだり半この一点『大正14年の離縁状』」
2014年(平成26) 7月24日〜 テーマ展示コーナー
「小説にあらわれた縁切寺 ―井上ひさし『東慶寺花だより』をめぐって」

◆狂言の夕べ(縁切寺満徳寺資料館友の会主催)
1994年(平成 6)10月 8日 本堂落成記念 和泉元秀・和泉元彌・和泉純子「棒しばり・川上」
1995年(平成 7)10月13日 和泉元彌・和泉純子・三宅藤九郎「清水座頭・樋の酒」
1996年(平成 8)10月 5日 大蔵流山本東次郎一門「箕被・月見座頭・二人袴」
1997年(平成 9)10月 4日 千姫生誕400念記念 大蔵流山本東次郎一門「萩大名・因幡堂・宗論」
1998年(平成10)10月10日 大蔵流山本東次郎一門「入間川・鎌腹・禰宜山伏」
1999年(平成11)10月 8日 大蔵流山本東次郎一門「末広がり・伊文字・梟」
2000年(平成12)10月13日 大蔵流山本東次郎一門「蚊相撲・二九十八・素袍落」
2001年(平成13)10月11日 大蔵流山本東次郎一門「附子・鬼の継子・昆布売」 
2002年(平成14)10月11日 大蔵流山本東次郎一門「鬼瓦・鐘の音・千切木」 
2003年(平成15)10月 9日 大蔵流山本東次郎一門「千鳥・金藤左衛門・蝸牛」
2004年(平成16)10月10日 大蔵流山本東次郎一門「どもり・呼び声・首引き」
2005年(平成17)10月 7日 大蔵流山本東次郎一門「棒縛・貰聟・福の神」
2006年(平成18)10月12日 大蔵流山本東次郎一門「佐渡狐・腹不立・髭櫓」
2007年(平成19)10月 9日 大蔵流山本東次郎一門「鶏聟・口真似・河原太郎」
2008年(平成20)10月10日 大蔵流山本東次郎一門「鈍太郎・音曲聟・舟船」
2009年(平成21)10月10日 大蔵流山本東次郎一門「墨塗・惣八・蟹山伏」
2010年(平成22)10月11日 大蔵流山本東次郎一門「柿山伏・鬼ケ宿・縄綯」
2011年(平成23)10月10日 大蔵流山本東次郎一門「雁盗人・察化・塗師」

◆東慶寺見学会(縁切寺満徳寺資料館友の会主催)
1993年(平成 5) 3月26日 第 1回「東慶寺見学会」
1994年(平成 6) 3月 1日 第 2回「東慶寺見学会」
1996年(平成 8) 3月22日 第 3回「東慶寺見学会」
1997年(平成 9) 3月21日 第 4回「東慶寺見学会」
1998年(平成10) 12月19日 第 5回「東慶寺見学会」
1999年(平成11) 12月19日 第 6回「東慶寺見学会」
2002年(平成14) 11月28日 第 7回「東慶寺見学会」
2006年(平成18) 2月16日 第 8回「東慶寺見学会」
2007年(平成19) 3月 8日 第 9回「東慶寺見学会」
2008年(平成20) 3月 5日 第10回「東慶寺見学会」
2009年(平成21) 3月 4日 第11回「東慶寺見学会」
2010年(平成22) 2月18日 第12回「東慶寺見学会」
2011年(平成23) 3月 1日 第13回「東慶寺見学会」
2012年(平成24) 2月23日 第14回「東慶寺見学会」


   *縁切寺満徳寺資料館友の会は現在、活動休止中です




トップページ | 縁切寺満徳寺 | 資料館・遺跡公園 | 縁切・縁結厠交通アクセス企画展 | 新着情報 リンク