SAMPLE SITE

できごと

11月12日 県駅伝壮行会がありました。 

本日、県の駅伝大会に出場する選手に向けての壮行会がありました。男女ともに力強い意気込みを発表してくれました。校長先生や生徒会長からも激励の言葉をいただき、選手たちも改めて気持ちが引き締まったのではないかと思います。当日も後悔のないように全力でやりきれればと思います。

11月2日 校内文化祭がありました。 

本日校内文化祭がありました。昨年に引き続き、新型コロナ対策として規模を縮小した上で行いました。今年は、マスクをしての合唱祭が中心となり、写生大会の表彰や生徒会本部役員の引き継ぎ式が行われました。また、体育館には一人一人が文化祭への思いを書き込んだ全校制作が飾られました。特に今年は行事が10月にたくさんあり、満足に合唱の練習ができない中での発表になりましたが、本番ではどのクラスも素晴らしい歌声を披露してくれました。この行事で協力し合って高めた団結力を今後にも生かしていってほしいと思いました。

10月15日 写生大会がありました。 

本日、写生大会がありました。全校生徒がそれぞれの課題に合った場所を決めて1日かけて絵を描きました。午前中は下書きを中心に、午後は色塗りをして作品を仕上げました。遠近法を使ったり色の塗り方を工夫したりと、一人一人が工夫して取り組む姿が見られました。1日かけて作品を仕上げる経験はなかなかできないことなので、今回の写生大会は貴重な経験になったのではないかと思いました。

10月14日 生徒会選挙がありました。 

本日、生徒会選挙がありました。各クラスからの立候補者が立ち会い演説会で自分の考えや意見を全校の生徒に伝えました。どの立候補者も自信をもって自分の考えを明確に伝えることができました。今回の投票で生徒会の役員が決まりますが、当選した人が中心となって、当選できなかった人も、演説を聴いていた人も、学校全体が一丸となってより良い中中にしていければと思います。

10月7日 運動会がありました。 

本日、運動会がありました。昨年度と同様に新型コロナ対策のため、競技数を減らして、感染予防に努めながら開催しました。長縄跳び、ソーシャルディスタンス綱引き、ダンス玉入れ、障害物リレー、全員リレー、4×100mリレー(男・女)の合計7種目をクラスごとに分かれて競い合いました。どのクラスも、自分の持てるすべての力を出し切って戦いました。優勝は3年3組でしたが、どのクラスも本当に最後まで頑張り抜いたと思います。今回の行事で、より一層クラスの絆が深まったのではないかと思います。

10月1日 こころの講演会がありました。 

本日、こころの講演会がありました。「命の授業」をテーマとして、腰塚勇人先生に講話をいただきました。主に「自分や相手のことを考え、夢を応援し合うことが大切である」というお話をいただきました。人は1人では生きていけません。多くの人に支えられて生きています。そのことを踏まえながら、今後自分の命をどう使って生きていくかを考えるよい機会になったのだと思います。今回の講話が自分だけでなく周りの人のために命を喜ばせる行動をしていくきっかけになればと思います。

8月24日 始業式がありました。 

本日、2学期の始業式がありました。緊急事態宣言が出ている中だったので、クラスを半分に分けての分散登校となり始業式も放送で行いました。放送では、各学年の代表者の作文発表や校長先生のお話などがありました。その中でも、特に養護教諭からコロナ予防に関しての大切なお話がありました。この分散登校の期間は健康観察期間になります。今まで以上に自分の体調に気を配り、少しでも体調が悪いと感じたら無理をして登校しないようにしましょう。また、感染症によって差別や偏見をしないことや、気分が落ち込んだときに誰かに話しやすい雰囲気をつくっていくことが大切です。全校で協力しながら2学期も過ごしていければと思います。

7月15日 少年の主張校内大会がありました。 

本日、少年の主張校内大会がありました。先日行われた学級予選で選ばれた各クラスの代表者が全校の前でそれぞれの主張を発表しました。代表者一人一人の発表はどれもとても心に残り、また考えさせられる内容でした。発表者全員が原稿を暗記し、聴き手に視線を向けて自信をもって発表していました。校長先生からも「感性を磨き、テレビや新聞などの情報から何を感じるかを大切にしてください。」とお話があった通り、大量にある様々な情報から、何が重要で、何が必要なのかを自ら考え取捨選択する力が必要になってきます。今回の経験を今後の生活に生かしていければと思います。

7月2日 郡中体連総合体育大会壮行会がありました。 

本日6時間目に郡総体の壮行会がありました。生徒会長や校長先生、PTA会長さんから激励の言葉を頂きました。生徒会役員の人たちが考えてくれた「全力応援」というテーマをもとに、それぞれの部活動が決意表明を発表たり、学校全体でコールアンドレスポンスをしたりと、とても盛り上げてくれました。どの部も「悔いの残らないように臨みたい」と力強い決意表明でした。特に3年生は、これが最後の大会になるので、負けてしまった後でも「やりきった」という気持ちで終われるように、今まで支えてきてくれた方々に感謝の気持ちをもって取り組んできてほしいと思います。

6月24日 学校保健委員会がありました。 

学校保健委員会がありました。養護教諭の大川先生の方から目の健康に関するお話をしていただきました。近年、近視になる中学生も増えてきており、特に最近では新型コロナの影響で、外出を自粛している人も増え、メディアを使う機会が増えてきました。また学校でも一人一台タブレットを活用する時間も増えてきて、電子メディアに接する機会が多くなってきました。そんな中で、今回は保健委員がタブレットを使うときの正しい姿勢を実践してくれました。今回の学校保健委員会の中で家族会議の話もありました。家庭でメディアの使い方やルールなどについて話し合っていただき、目を大切にしていこうという意識をもっていければと思います。