LOTUS EUROPA   translate

paper model !    Free Download

ペーパークラフト ロータス・ヨーロッパ

旧いクルマが好きで、今回はこれをモデル化。
ロータスヨーロッパの中でも、旧い方のモデルがカッコいい。
初期型のデザインというのは、どうでもいいと思われた部分はデザイナーの好みでカッコ良くつくられている。  しかし、マイナーチェンジの度にいろいろなしがらみで変更され、デザインが崩れていく。
だから初期型がカッコいいのだ。
コックピット内部も再現しました。
当初はもっと手抜きして作ろうと思ったのに、なぜかイメージが湧いちゃってので。
イメージが湧いたときにはエンジンまで作りたくなったが、資料が不足していて諦めた。
そこまで作り込む体力も無いし。
paper model LOTUS EUROPE
ロータス・ヨーロッパ 今回は厚手の用紙を使うよう設計しています。
写真のモデルは紙厚0.21mmで製作しました。
型紙はGIFフォーマットで3枚。
A4の用紙でプリントアウトすると、完成品の全長は175mmくらいになります。

型紙1(102KB) DOWN LOAD
型紙2(137KB) DOWN LOAD
型紙3(110KB) DOWN LOAD

オプション minilite rim
Thank you arnaud.




つくりかた

1
step1 ボディーの組み立て

ボディーに折り目とカールをつけます。
※…窓の部分は切り落とさず、下側の部分は残して内側へ折り込みます。
2
step2 リアウィンドーの部分も切り落とさず、下側に折り曲げます。
3
step3 ボンネットの部分も、折り目とカールをつけます。
写真を参考にしてください。
4
step4 上記の3つのパーツを貼り合わせます。
5
step5 ノーズの下側のパーツを取り付けます。
この時点では、赤で示す部分だけを貼ります。
6
step6 まずヘッドライトの部分を作ってから、図中の数字で示す位置を順に貼っていきます。
ヘッドライトを包み込むようにして、隙間ができないように注意してください。
7
step7 折り込んだ窓の部分を糊代にし、ドアの内側を貼ります。
メーターパネルを立て、ハンドルを取り付けます。
8
step8 シャーシーの組み立て

数字で示す順にパーツを取り付けます。
9
step9 シートを組み立てます。 折り方に注意してください。
シートを取り付け、シフトレバーも差し込んで接着します。
10
step10 ボディーとシャーシーを接合します。
ボディーの先端側から差し込んで、リア側は少し曲げて入れます。
リアウィンドーの部分を折り曲げた箇所は、糊代になります。
ボディー下側サイドの部分で接着します。
次にタイヤを組み立て、取り付ければ完成です。


LOTUS EUROPE paper model





LOTUS DRIVERS GUIDE


エブロ製ミニカーEBBRO
◆1/43 ロータス ヨーロッパ S1 1967 【レジン】 ホワイト◆
44278






その他のペーパーモデル
other models






トップページへ
媚薬

ご意見、ご感想、質問、ファンレター はこちらまで。
お手数ですが、メールの際はアドレスを打ち込んでください。